アレルギー性喘息のストレスに対処する

喘息行動計画を作成する

アレルギー性喘息はストレスがかかることがあります。残念なことに、情緒的ストレスはまた、喘息発作を誘発することもある。ストレスに対処するための戦略を理解することは、この悪循環を回避または阻止するのに役立ちます。

サポートに手を差し伸べる

喘息行動計画を書くことで、あなたの状態をよりよくコントロールできるようになり、ストレスが緩和されます。緊急ケア訪問の計画外費用に伴うストレスを避けるのにも役立ちます。

医師と協力して、詳細計画を策定する

あなたの喘息のために正常な活動や仕事の行方を制限している場合は、医師と定期的に予約をし、追加の予定を設定してください。症状の変化に気づいた場合、睡眠障害がある場合、または救済治療薬をより頻繁に使用している場合は、医師にご相談ください。

アレルギー性喘息のための毎日の薬を服用することについて不安や懸念がある場合は、医師に相談してください。ほとんどの喘息薬は安全で非習慣性であり、適切に使用することで副作用を最小限に抑えたり、排除することさえできます。

あなたの状態について話し、家族や友人からのサポートを求めることも、あなたのアレルギー性喘息によって引き起こされるストレスに対処するのに役立ちます。