変形性関節症の分類 – トピックの概要

変形性関節症は、一般的な軟骨状態であり、高齢者の疼痛および障害の主要な原因である。原発性変形性関節症は、年齢、肥満、および変形性関節症の家族歴などの事象と関連していることが多い。二次的な変形性関節症は、軟骨に損傷を与える他の状態によって引き起こされる。

これは通常1つまたは少数の関節に限定されます。

傷害関連の場合は少数の関節に限られている場合もあれば、疾患に関連している場合は体全体の関節にある場合もあります。

脊柱、腰、膝、親指、上の2組の指関節で見られます。

腰、足首、肩、手首、および中指の関節のセットに見られます。

関節炎と関連することが知られている特定の炎症性または代謝性状態は存在しない。

軟骨に損傷を与えるような状態、例えば

特定の怪我や外傷の病歴はありません。

骨折や裂傷などの関節の傷害の履歴、関節の外傷の履歴(重度の重荷重やひざまずきなど)がある可能性があります。