結腸癌のスクリーニング:何歳で止めることができますか?

私は76歳ですし、もはや大腸癌のスクリーニングを受ける必要がなくなったのかと疑問に思っています。年齢制限はありますか?

ポリープ(腺腫)や結腸癌がなく、家族歴のため結腸がんのリスクが増加しない、50歳以上の定期的な結腸癌スクリーニングを受けており、陰性検診を継続していた75歳以上の人々は、ルーチンのスクリーニングを受ける。それは米国予防サービスタスクフォース(USPSTF)と米国医科大学(ACP)が発行した大腸癌スクリーニングガイドラインによるものです。

高齢の上限は、75歳以降のスクリーニングの正味利益が小さいと研究が判断した後に設定された。しかし、USPSTFのガイドラインでは、家族歴、以前に診断された結腸癌または腺腫性ポリープのような大腸癌のリスクが高い75歳以上の人々の結腸癌の監視を推奨しています。

米国癌学会(American Cancer Society)および米国消化器病学会(American College of Gastroenterology)は、結腸癌スクリーニングがもはや推奨されていない、年齢制限を超える上限を特定していない。

USPSTFおよびACPは、高感度便潜血検査(FOBT)、FOBTまたは大腸内視鏡検査法を用いたS状結腸鏡検査を用いて結腸癌のスクリーニングを行うことを推奨している。

大腸がんのスクリーニングの選択肢が何に最適かについて、医師に相談してください。スクリーニングがもはや有益でない場合、総合的な健康状態に基づいて決定することができます。

医師に相談してください